フランスの病院「今後外国人に対し、医療費は前払い」に。

0
               
                     西北西に沈む夕日(七月上旬)
      

    ニゥスより。

    外国人がフランス(パリ市内の病院)で、医療施設を利用、医療費を踏み倒し続ける件が止まらず悪化してきたそうだ。
    「今後外国人に対し、医療費は前払いとする」とする対策がとられた。

    2014年の1年間の、外国人医療費未払い損害は、約160億円(AP-HP 合計)
    犯人は(未払い額上位から)アルジェリア人、モロッコ人、アメリカ人、ベルギー人、イタリア人等々、、、


    外国人が医療だけ利用しに来る事は有名だったそう。私はなにもしらない。
    最大の理由は、後払いだからとか(?)よほど大きい額の、手術や入院に関するものなのでしょうか。
    上記の多くの国は前払いなのだと聞きましたが。

    理由は国にもより、、
    🌿 自分の国より医療の質がいい。
    🌿 優秀な手術医師が居るパリの有名な病院に集中。
    🌿 アメリカからみれば手術費入院費が、自分の国よりも安いらしい。(ご飯もおいしいでしょう)

     フランスは長い間「国内にきたすべての医療処置が必要な人に、直ちに必要な医療を施す」ヒューマニティーの国。
    不当に妊娠させられ貧しく、産むお金も堕胎のお金もなく産んでも育てられない、たった一人で保護者も選択肢もなにも無い女性が、残酷な手段をとらなくてもよいように、駆け込み寺として存在していることでも昔から知られてきた国。人間であるかぎり、誰でも該当する。とくに女性や弱者を助けてきた。
     先に「お金がありますか?」とは聞かないし、確認しないということでしょう。入院途中で請求で確認し追い出すこともなかったのでしょう。しかも、入院は三食付きで、おやつもある。しかもパリ。


               
                    マカロンがサービスでつくカフェ
     
     フランスは機内食でもいつも特別食の人は良く知っていると思います。
     あの、難しいグルテンフリー食でも抜群に美味しい。他社の比ではない。華麗、絶品。周囲の人が「失礼ですが、それはなんと言う名前の特別食でしょうか?私も次回はそれにしようと思います。」という程です。私がナイフとフォークでメロンやスイカやあれこれ切ってデザートの時に、みなさんは添加物一杯の臭いがする安いプリンとかゼリーカップ。柔らかい極上の子牛肉に良質のオリーブオイルと塩こしょうなど。肉厚サーモンのステーキに温野菜のソテー、みるからに単価は高いかと思いますが。
     お手間をおかけしてしまう極マイノリティーへのサービスが手厚い面があり、にこやかで気持ちがよい。彼らは、お金がある客だぞ、という態度の人には冷たく、なにかと困難な人々に優しいのです。彼らは、使えない食材が多い程腕を鳴らし(普通ではない特例に注目をする)タダ〜(ジャーン)!とばかり挑戦して楽しんでくる様子が感じられ(その人が他では受けとれないものを与えようとする誇り)、これぞプロ、さすがガストロノミーの国、そして人道的なシェフだとおもいます。
     しかも健康的。ああ、よかった、ラッキーだなあ、得しちゃうみたい、恩恵だなあ、、なんて思える。
     


              
                 顎あじさいの後の変貌。アナベルが今満開です

     

             そういう待遇を受けて、対価を支払わないなど、私には考えられないことです。
     


               
                タチアオイ。マロウ。歯医者さんの前を通りがかり。
         



    でも、親切や信頼を、仇で返す人は何処の国にも増えたようで。
    残念な話です。医療費踏み倒し。
    アルジェリア人で42億、アメリカ人で7,7億。年間に過ぎない金額。
    移民だけでも崩壊しそうなのに。無縁の外国人の医療費まで背負って。

    記事(フランス語、ビデオあり)
    http://www.francetvinfo.fr/economie/l-hospitalisation-des-etrangers-en-france-desormais-restreinte_1007605.html#xtor=AL-79-%5Barticle%5D-%5Bconnexe%5D

    ビデオで紹介された医療費明細請求書では、
    手術費に、入院費用、その上「特別室」を指定。合計約50万。
    踏み倒すつもりで特別室。ご立派。悪質。。。

    〜それにしても、ビデオでそれを説明する病院スタッフの優しい雰囲気〜





               
                     夕日がここに落ちる、夏至の直後の頃。


    外国人問題や移民問題(差別問題)に関して、私も常々、
    移民を受け入れない国や第三者にわかる問題ではないだろうと感じてきました。
    フランス人の言動は、日本人の標準意識(外国人に対する)の数倍寛大なキャパシティーがあると感じています。
    本当に、感情的にはまずならない、なかなか怒らない。冷静で、客観性がある。
    「、、お金に困っている人かもしれない。人権も守られていない国が一杯、、、」
    ヤキモキしそうになることも。

    こういう決断をみるとホッとする私です。正当で、自業自得です。

    本当に助けが必要なら、申し出るべきでしょう。
    そして、病院側が人道的に受け入れるとしても、フランス一般市民の受けられる平均以上の待遇を受けるべきではないでしょう。
    現地医療費通貨に換算した医療費額を、滞納してでも納めるべきでしょう。平等とは。

    アルジェリアなどから来れる旅費があるのは、現地で貧しくない人、裕福では。アメリカもそうです。
    騙せる、と教え合う情報網でもあるのでしょうか。悪知恵のある人は大抵、お金があります。
    本当に困っている人は、なにもできないものです。



                     
                  連日のハードワークでこの後深夜に眠りだす(半目の)E
                                  ライブは半分で。ミキシング多く。
                音と、テーブルの大きさで会話ができないので、揺れて楽しむ時間でした。
                
            パーティー系ミキシングになるとパブロフの犬の原理で仕事を思い出すと、ブルーになってます。
                     久〜しぶりの素敵な場所、私は楽しみました。
                    



                  
                            わかめの発生

    ルバーブ(大黄)のマーマレード (ルバーブの効能と栽培)

    0
                     土曜マルシェ

       
      一昨日の宵にロンドンから来たミュージシャンの、ピアノのコンサートに引き続き。。。
       
      昨夜は友人のライブの急の誘い。場所がキャンプ場で、外国人多く(オランダ人など)
      皆さんノリがよく、わたしも久しぶりにフニフニ踊ってきました、久しぶりのマルティーニ一杯で。
      お酒は最近、控えようと夫もいっていますが、飲んでもやはりワインとか。
      お砂糖が入るようなお酒は本当に久しぶりです。
      マルティーニは一応、アロマティックハーブが沢山入って出来たお酒で、
      わたしが飲める数少ないお酒の一つ。



       
      それで、今朝は紅茶ではなく、ネトルとミントの熱いお茶が美味しく、胃に優しく。
       
      昨日夕方から出がけにささっと作ったルバーブ(大黄)の適当マーマレードが美味くて驚き。
      ライスクラッカーに乗せて。
      もっと減糖、コンポットにしてそのまま食べるようにしておいてもよかった。
       


      土曜日のマルシェで八百屋さんに挨拶をされてルバーブが目に入り、
      ルバーブのコンフィには林檎を入れるか、バナナはいれるけど、という話になった流れで買って。
      林檎もいれるよ、と、三つばかりいれるおばちゃん。
      レタスは今日は小玉だから、一個の値段(60セント)で四個にするよといわれ、じゃあとそれも頂くことに。
      裏山の向こうの空港の周辺の農家さん、農薬を使わず三代ずっとマルシェで売っている。


      🌿

       
      ルバーブの茎は4〜5本、バナナ一本、林檎二個、檸檬の皮一個分と、檸檬の中身ざっくり輪切りでまぜる。
       
      総量800g 砂糖280gでいいかなーとまぜて二時間弱放置。そこで急の外出のニュース。
      なので、シャワーを浴びながら圧力鍋で加熱(10分位)あとは余熱と残った圧力で放置してみる。
      深夜に帰ったらなんとも美味しく出来上がっていました。全部切る時間は30分くらい。
      もっとルバーブは大きく切って食感があってもよかったかなと。


        
      ルバーブ(大黄)茎
      ルバーブの皮は繊維質、包丁ですっと一気に細く削ぐように剥けます。


      🌿

       
      大黄の根は漢方で生薬。葉も毒性高く毒草(薬草)要注意。全草を通じてシュウ酸が強く、
      生では毒で、葉は少量でネズミの致死量。ここでは茎だけを
      ジャムやタルトやお菓子にする消費量が高く、季節になると野菜と一緒に茎だけ売られます。
      毒が少ない品種なのか、、?あまり誰も気にせず使い、レストランでもデザートの人気素材。
       
      繊維がとても豊富で、毒素排出、腸や肌に良い、美容に良い、、etc.. お腹のお掃除のイメージ。
      誰もが知っている。
      大黄はもともと、腸の蠕動運動を刺激するらしく。
      お腹のお掃除で肌も綺麗にするとか。山や土手にたまに、大黄らしきもの(種類)が生えてます。


      ささっと切った所。お砂糖を絡める前。

      お腹の為にプルーンを混ぜる人もいます。ルバーブは酸っぱいので、プルーンとだけだとかなり酸っぱい。
      バナナや林檎を加えるのは減糖にする小技でもあり。
      林檎と檸檬が入ればペクチンにもなり、檸檬をこれだけいれるのは私の個人的な趣味。
      砂糖を完全に止めたい方は干し葡萄も合うでしょう。
      林檎ペクチンなどは、体に溜まった放射性物質のお掃除にもよいとか、、日本語サイトから小耳に入る事も。
      林檎はもちろん地下とかに保存していたもので、秋と違いシワシワしていますが加熱には構いません。
      むしろ、今の時期はそういう林檎であるのが自然保存かなと思います。

      🌿 

      ルバーブのマーマレードは

      以前お呼ばれの家で、
      マスカルポン(マスカルポーネチーズ)とクレームシャンティィ(生クリームホイップ)を混ぜたものに、
      ライム(檸檬)の汁を加えルバーブのマーマレード(又は砂糖煮)にライムの皮の千切りを添えて、
      グラスにいれて冷蔵庫で冷やしたという。お洒落なデザートが出ました。
      インドカレーの後に。よくあってました。
      パティスリー得意なフレンチの旦那様作でしたので、さすが。さっぱり美味で粋です。


      昨夜のライブの始まり(マリア) 子供達が可愛い
      英語の曲カバーや自作の曲が多かった今まで。
      今回はフレンチシャンソン Hanri Salvador や Edith piaf などレパートリーが増え。大人達もダンスダンス。
      カントリーやロックンロールやメレンゲやラテンにスロウが混ざって。
      ラストソングで雨がパラパラと降ってきて、ノルマンディーらしいお開きでした。


      🌿


      大黄。東洋にも漢方の重要な草本として昔から存在するくらいで、
      近縁種でも本種でも育てやすいはずで、
      こんなに美味で健康的なものがなぜ母国で食用にならないのかしら??
      フランスにくるまで知らなかった私です。
       
      日本ではもしかすると、毒性が危険すぎるなど、市場に出すと消費者、
      とくに小さな子供の居るママンからクレームがきそう?とも。
      この記事自体、こんな危険で注意が必要な「毒草」を薦めるのはどうなのだ?とかいう意見もありそうでしょう。
       

      ところで、、、
      「毒草」は家庭の母親の知識と知恵と力量、注意力次第で薬にもなりますが、、、
      「独裁」のほうは如何でしょう?同じ毒でも、どうやっても薬にはなりそうにありませんね。



      しっかり知識を持ち、すべてを手作りするフランスのママン達はあまりそういう視点はなく。
      だからこそ、昔からのままのものが、昔からのままの形で残っているのでしょう。
      誰にも委ねず、自分で責任をもつ。お母さんの仕事です。
      社会や国家の形は、その影響を受けた形でもあると。

      上から下への影響だけではなく、下から上にも体質の影響が行っている。
      そのようにして独裁的な政権や、民主主義的な政権がある。


      🌿

       
      独裁意識と共生できるのは、
      「誰かに守られていたい」「難しいことは考えたくない、わからない」という依存的な意識で、
      その二つは仲良しで、互いに必要としあい、とてもうまく行くカップルのようなものなのですね。
      カップルというより、むしろ古い腐れ縁の夫婦のよう。

      、、、独裁的な環境や場所に居ると、自分にも他人にも
      発言や表現の機会を全く与えられない自分になってくることも多いでしょう。
      自分に与えられていない権利を相手がもって使っていたら。
      他者の言葉を距離をもって冷静にきくことができなくなります。
      口にしてもしなくても、相手の殆どの表現に対し非難や文句の感覚が沸きます。
      沈黙すら非難がましい黙りになります。
      そうなったら、自分は独裁的で一体化していると疑うとよいでしょう。
      もともと権力的な親や上下関係の環境に育ったのでしょう。
      自分が苛立ち、敵対し、被害者になっているとおもってきたものが、
      自分の中にもある。息づいている。
      すべてはその気づきから始まります。





      ルバーブは
      畑のある方、田舎にIターンして自然農宅配などして頑張っている方など、市場で売る珍しいお野菜を探している方に。
      ルバーブの育て方 http://www.almanac.com/plant/rhubarb(英語)



      フランスの自然農や無農薬の自家菜園などをする人の間で、
      口コミで知られる安全な種は、、
      ココペリ(フランス語)
       

      目の下のくすみやクマを取る魔法の方法。フランス技。

      0
                        


        以前フランス語で記事になっていたものです(健康と栄養のサイト)
        南仏の友人がシェアして流れてきました。
        オリーブオイル&檸檬で、目の下のクマやくすみを一瞬でとり、
        ハリのある輝く肌にしてくれる、魔法の方法です。
        これが素晴らしいので。速攻で輝く感じがします。
        日頃の読者となってくださる方、特に女性向けで(もちろん男性も)シェア。


         
        ストレス、睡眠不足、夜更かし、疲労、無理がたたる、アレルギーやアトピーなど、
        冷え、運動不足、パソコンのし過ぎ、清潔感に欠けた生活、などなど、、
        主に疲労でクマは出てきてしまうことがあります。
        女性は顔の調子が冴えないと気分も元気も冴えず、どんより悪循環に。
        それを、肌が冴えれば気分もよくなり、
        よい分泌を始める、良い循環にもってゆく感じに。。
        トニック(活力を与え強化)です。

        必要なもの
        檸檬半分(無農薬にしましょう)
        オリーブオイル少々
        コットン(四角、丸、などコットン100で)


        (もちろん、食事でビタミン栄養もしっかりとりましょう)

                (ロケットや薬草たっぷりモッツァサラダ)

         
        まず時間は夜。寝る前。
        丁寧な洗顔のあと化粧水をたっぷり叩いてある状態。
        (私は最近海水の蒸留水使用。アヴェンヌなど温泉水もよし。常用の化粧水で)

        フランスのサイトの分量では、、、
        檸檬を半分絞ります。
        そこにオリーブオイルを数的(適量)垂らします。
        これをコットンに染み込ませます。
        (軽いくすみだけなら、オリーブオイルをコットンに染み込ませ、
        レモン水を垂らすだけで充分な効果も。筆者は日常に、そのようにささっと。
        レモン水を飲む為の無農薬檸檬をちょっと一切れ使う感じです。)
         
        コットンで、トントンと軽く叩くように目の下を叩きます。
         
        時々コットンの場所を変えつつ。
        そして一枚目のコットンをすて、、
        新しいコットンに取り替え檸檬オリーブ水を染み込ませて、トントン。続けます。
        数分感、同様に繰り返します。
         
        〜目元から目尻の方向へ、リンパを流すように叩くと効果的〜
        二枚目くらいで、白っぽい輝き感やくすみの消えるのを感じます。
        (くすみだけの人はここまでで充分)

         
        (ちょっと檸檬が多少しみる部位もあります、炎症や乾燥肌などある方は刺激になるかもしれません、
        乾燥のないようにしっかり保湿お手入れして、化粧水をたっぷり叩き込んで保湿した状態がよいでしょう。
        上の筆者独自のやり方の分量は、オリーブオイルのほうがレモン水より多いか同等、低刺激です)
         
        仕上げは、
        さっと水で流します。
        オリーブ油が保湿し、しっとりスッキリ仕上がります。
         
        くすみが確かにとれた感がはっきり!白さ、輝きを感じます。
        肌が元気になるかんじ。
        モチっとしたはりや明るさが肌に戻って、まあ、いいかも?!(嬉)
        になります。
         
        ここで早めに寝ます。

        やっている間に肌が変わるという、
        即効性も嬉しいです。
        効果は保証、とあります。
         
        おためしあれ。















        原文記事 ソース
        http://www.sante-nutrition.org/comment-se-debarrasser-cernes-les-yeux-dune-facon-naturelle/

        << | 2/9PAGES | >>

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>

        France

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 簡易オイルランプの作り方。五分でつくれる明かり。ーロウソクのない時にー
          naomi (03/14)
        • 簡易オイルランプの作り方。五分でつくれる明かり。ーロウソクのない時にー
          ぎん (02/23)
        • ヨウ素(Iodine) ヨウ素剤について 雑記
          fanayuko (11/04)
        • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
          caen (09/21)
        • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
          fana yuko (09/09)
        • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
          caen (09/05)
        • アイリーン キャディ (フォンドホーン創設者)の言葉
          fana yuko (06/20)
        • アイリーン キャディ (フォンドホーン創設者)の言葉
          takako (06/20)
        • いろいろな道の選び方。 職業仕事、進路。
          ファナ yuko (06/17)
        • いろいろな道の選び方。 職業仕事、進路。
          takako (06/16)

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM