Chemin de vert

0

    近頃の私は、、、
    大自然の木々の中で言葉を忘れて清々するのです。




    最近耳に入るあれこれは限度を超えてきて
    正直なところ。

    次から次へと あの問題この問題
    あの地この地、彼の地 公私

    難民 戦争 空爆 人権侵害 差別か否か 原発 汚染 被爆 
    テロ 
    病気や医療や薬やワクチンの懸念 農薬に遺伝子云々 健康医療 老後 
    マイナンバーに始まるあれこれ(海外在住は受けとれないので。自分の将来の件を徹底して調べたり)
    次から次へと 留まる所知らず

    この夏近くの原発ではボヤもあったけれど 
    イギリスへ行く為にカレー(ドーバー海峡の橋のフランス側のたもとの街)
    に辿り着いたシリア難民へ起きたことも信じられない。
    今回はこれは書かない、と次回へ見送り書かないままの事は多い。

    本当に打ちのめされるのは それにまつわる人々の言動からの
    驚き 失望と落胆 賛否など意見の違い以前


    森は 全てを忘れさせてくれ
    無我無想になれる場所
    そこにあるのは調和だけ





    Chemin de vert  緑の道

     
    鳥のさえずり
    草や樹々の香り
    蜜蜂の羽音
    遠くで牛が草を食む音、
    草がプツンプツンと切れる音
    シェーンの実が落ちて跳ねる音
    ハシバミの葉のさらさら
    サンザシの赤い実
    あちこちに出たきの子
    栗の実のイガイガ
    木苺があるかぎり摘む手は止まらず
    刺に気を奪われすべてを忘れる
    草のサラサラ
    樹々の香り
    牛の鼻息
    自分の足音


     
    思考がとまり
    言葉を忘れ
    、、、
     
    光りと色に感嘆する
     




     


     
     
    木立の中では心のわだかまりが消え
    脚も体もふっと軽くなり
    心地よく満たされるのは それは
    木々の息吹と
     
    大自然の中には 憂いている生命がないから
     

    動物も鳥も木々も花も喜んでいる
    気を塞がず
    気に病まず
    考えず
    心配せず
    ただそこにある 
      生や四季を謳歌しつつ 
     命の美しい調和だけ

     響きのよい和音のよう

    Ευφωνία
     ユーフォニア



     
    牛は何万年とかわらぬものを食べ
    料理せず病院へもゆかず
    薬も飲まず
    老後や病気の心配もせず
    毎日草を食み 時が来たら
    ゆっくりと座り
    同じ場所で去ってゆく


    ここの牛は美しい毛並みで清潔で
    静かでどこか尊厳がある

    同じ方向へ歩いて一緒に草を食み
    休息も一緒 
    皆全く同じ姿勢で太陽を向いて瞑想するように座っている

    車窓や車道から丘の上にそんな光景がみえるとハッとする
    神々しさ 
    その昔牛が牛神といわれたこ頃は
    どれほど美しかったのだろうかと想い馳せる
    牛(放牧)によって生かされてきた民族は
    まだ牛を崇めている
    すべての生きものは扱われるようになってゆく
    こういう牛を スイスのアルプスでも見た


    ノルマンディーでは人間より遥かに広大な土地をもっている牛が
    狭い街にいる檻の中の人間を眺めるのだ
    殆どの場所は人間は入ってはいけない 牛の聖域




     






    そこに木苺が実る限り
    摘む手がとまらない

    輝く実に触れてそれを摘む時の不思議な気持ち
    太古の昔からしてきたことを繰り返すときにいつも感じること
    時空を超えて繋がる戦慄
    人類はほんの最後の一瞬で 
    こんなにも生活を変えたのだと


    古来からの女の手仕事は 瞑想的な時間に満ち
    宇宙に呼応している大自然の律動と
    恵みの中にあった

    それによって女の心身の平衡や神秘性は守られていた

    そして今も女の体はその頃と
    何一つ変わっていない





    窓から撮った中秋の名月の皆既月食 (収穫の満月)



    あたたかい陽の光りに
    音も無く飛ぶ虫
     
    時が止まったかのような静寂に
    ドングリひとつ
    葉が一枚落ちる音が響く木立の中
    秋の夕暮れ

    ノルマンディーの田舎道で思うこと







     


     



    どんぐり



    恋するてんとうむし



    ミュール 木苺 (ブラックベリー)今年は成り年 




    ノワゼット ハシバミの実 (一年中ポツポツ食べ)

     

     


    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    France

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 簡易オイルランプの作り方。五分でつくれる明かり。ーロウソクのない時にー
      naomi (03/14)
    • 簡易オイルランプの作り方。五分でつくれる明かり。ーロウソクのない時にー
      ぎん (02/23)
    • ヨウ素(Iodine) ヨウ素剤について 雑記
      fanayuko (11/04)
    • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
      caen (09/21)
    • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
      fana yuko (09/09)
    • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
      caen (09/05)
    • アイリーン キャディ (フォンドホーン創設者)の言葉
      fana yuko (06/20)
    • アイリーン キャディ (フォンドホーン創設者)の言葉
      takako (06/20)
    • いろいろな道の選び方。 職業仕事、進路。
      ファナ yuko (06/17)
    • いろいろな道の選び方。 職業仕事、進路。
      takako (06/16)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM