ストリートデモクラシー  

0

     ご無沙汰しています。
     前回の投稿からいろいろなことがあり、忙しくも愉しくも充実していた夏でした。九月半ばの Off courtやアメリカ映画祭が終わってすっかり人も減り、夏は幕を閉じたという感じ。でもこんな空いた頃の秋の朝の街は好きです。ついこの間まで、朝の六時半には青空で小鳥がないて、明るさに早起きも愉しかったのに、もう真っ暗でシーンとしており。七時をすぎてようやく藍色になり、最初のとりが小さくなく以外は、なんの物音もせず。冬の到来を感じるのが、11月ではなく9月半ばだということに少々朝の気が塞ぎますが。まだまだ、必中は日差しが温かく果実が実る愉しみがあります。いろいろ日本からも心配の知らせもあり、不安定に感じていましたが。昨日は良い知らせをもらったり、いろいろ嬉しかったことがありました。



     

     日本では安保法案が可決してしまいました。早速、ドイツやスイスのニュース記事を簡潔に略した和訳が当日(昨日)から沢山ネットを流れていました。中には、日本の戦後の平和主義の崩壊のような書き方をするようなものがいくつか目に入りました。
     エリックが、いいね、と転送してきたリンクのニュースの視点はなかなかよかったので、ちょっとアップしたいとおもった次第です。(記事の一部紹介。まだ翻訳は稚拙で失礼します。間違っていたら、ご免なさい。苦笑)



     
     Matinée 午前中 
    波打ち際の散歩は特別。すれ違った人や、ちょっと写真を頼まれた周辺国からの一人旅の女性らと交わす長めの会話も直感的で、
    互いに大事なメッセージを与え合えたり。

     
         
     
     Japon: La rue veut la paix.  日本: ストリートは平和を求める。

    サブタイトル
    「安倍晋三首相による憲法上の平和主義の終わりは、70年代以降これまでにない動員を招くことになった」
    (市民の集会。写真)

     
    安倍が平和憲法の改正に着手したときから、皮肉にも、それは逆に市民を目覚めさせることになった。
     
    木曜日の夜、国会で、海外の紛争へ兵を送ることを許す防衛法案を審議している時には、
    何千人もの人が雨に打たれながら静かに勇敢に、権威(命令)に従うことへの拒否を表していた。
    週末には大阪では三万人、京都、横浜、札幌、他でもパレートや集会などが開催された。
    八月の末にはすでに12万人の反対デモ参加者が国会の前に集まり、九月は前例のない市民活動と参加の月となっている。

     
    何かが日本に起こっている。
    政治学者吉田徹氏の言葉によると、大いなる目覚め、あるいは「街の民主主義」ともいう、
    「新しいジャンルの抗議運動の大きさとそのオーラに驚いている。」 


    法案に関する議論が上院議員の間で行われ殴り合いになっている時に、数週間の間、最も活動的な生き生きした運動がなされたのは、
    それはほかならぬ、政治的(政治家)クラスの外に於いてだったのだ。


     
     Big wave...

     
    確かに、一億二千五百万人の国民総数に対する抗議者の数を比較すれば、このストリート民主主義は巨大とは言えない。

    とはいえ、これらの人々は明らかに、生き生きと活動的で、異種(ヘテロジェン。従来と同質でない)であり、
    真意の確かな重要なマイノリティーの存在をはっきりと示している。



     
    以上前半から。。。。
    あとは抜粋。



           
     Bain de mer... Bathing.
                 


                      
    • 60年来温めた大事な大事な(最愛の)自民党計画を実現するために、ナショナリスト(国家主義者)安倍は、、(略)、、海外での日本軍の展開を容易にする為に、、、(略)、、集団的自衛権により直接列島を脅かさない程度に交戦国を攻撃し、同盟国を支援することを望む。

     
    • 最も先進的なのはSEALDs学生、自由民主主義のための学生の緊急アクションだ。

     
    • 「彼(安倍首相)の政治のスタイルは社会問題で、反知性主義と、彼の特定の側近中の愚かさに、閉鎖が争われている」と吉田徹氏は述べている。

    • 阿倍の毅然とした態度は丁度、古い戦闘的な活動家である彼の祖父、岸信介と同じであり、彼もまた米国との新たな安全保障条約の批准を防衛した後、1960年に首相の座を離れることを余儀なくされている。


     
    Libération 2015.09.17  Japon: La rue veut la paix. (日本: ストリートは平和を求める) より
    ☆Rue とは街道や大通りではない道に使うもので、市民の家を繋ぐそれのことです。
      

     



     
     



     「安倍首相、二度と戦争をしないと誓ったこの国の憲法は、あなたの独裁を認めはしない。国民主権も、基本的人権の尊重も、平和主義も守れないようであれば、あなたは、もはやこの国の総理大臣ではありません」 SIELDs KANSAI 寺田さん 2015.07.15 



    「もし私たちが今、緊急事態に優しい顔を見せることに対して謝罪しなければならないのだとしたら、それはもう私の国ではない。」
    -アンゲラ・メルケル首相 2015.09.16( 「ハンガリーで立ち往生していた難民を、ドイツに受け入れたことは間違いだった」という国内からの批判の声に答えた言葉) 



     

     
    ぬいぐるみをおぶっている男性。ユニコーンかしら。。


     
     よき友がよき市民であるとはかぎらない。
     善良な私人が、善良な公人であるとは限らない。

     法律ばかりがたくさんあるのは、悪政の徴候である。
     悪は、人々を一致させる。
    〜アリストテレス〜


     
     八月の良き想い出より :) 
























     
       

     
    • 2015.09.19 Saturday
    • -
    • 02:37
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by Yuko


    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    France

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 簡易オイルランプの作り方。五分でつくれる明かり。ーロウソクのない時にー
      naomi (03/14)
    • 簡易オイルランプの作り方。五分でつくれる明かり。ーロウソクのない時にー
      ぎん (02/23)
    • ヨウ素(Iodine) ヨウ素剤について 雑記
      fanayuko (11/04)
    • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
      caen (09/21)
    • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
      fana yuko (09/09)
    • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
      caen (09/05)
    • アイリーン キャディ (フォンドホーン創設者)の言葉
      fana yuko (06/20)
    • アイリーン キャディ (フォンドホーン創設者)の言葉
      takako (06/20)
    • いろいろな道の選び方。 職業仕事、進路。
      ファナ yuko (06/17)
    • いろいろな道の選び方。 職業仕事、進路。
      takako (06/16)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM