ビュッシュの上にサンタはいない。ユール -Yule- 冬至の祝い 

0
    朝八時の星空が、冬至が近いと告げています。
     
    美しい黄金色の夕日に映える木々の中で、最後の赤い実を集めていると。
    すとんと落ちた夕日。五時 南南西 

    日の出は8時50分(夜が白々と明けてくるのは8時すぎ) 日没は17時。
    (東京の日の出は今、6時40分。 日没は16時半)
     
     🌿

    ここの朝はイタリアやギリシャよりも、コペンハーゲンよりも遅い。
    スウェーデンのイエーテボリと一緒の遅さ。恐らくヨーロッパでも、一番遅い朝のグループと思う。
    ただ、イエーテボリより日没は二時間近くは遅く昼は長い。ギリシャはここより更にニ時間近く長い。
    日本はギリシャくらいではないかと。
    ここの冬は、昼間という時間が貴重。午后二時には夕陽のような斜陽になる。
    イタリアもフランスと同じ時間枠なので。イタリアのかかとやシチリアと
    同じ時間を共有すると思えば、ここの日の出の時間帯が妙に遅いのも頷けます。
    さらにここは静か。朝七時半では真夜中のように誰も歩かず車の音も何もなく。
    「静 寂」


    冬の静寂は強く、慣れていないと圧迫してくるような質量があり。
    慣れるとそれが素晴らしい。体が温泉に浸かる時の極楽のように、静寂に浸かり。。。
    脳内が独特の周波数になり、手足もぽかぽかします。
    私は静寂からエネルギーを取り出す人で。かなりインデペンデントですが。。
    思考力も精神力も健康もインスピレーションも、精神安定も自己免疫力も、静寂から取り出すタイプ。




    Sweden と言えば、今年はスウェーデンから来たという
    Sapin Bleu サパンブルー(青い樅)という樅のひと枝
    (写真右は現地のサパンブルーの写真、インターネット上より。枝先が白く光り、
    そこだけ雪が積もったように見える樅。森の中でひときわ明るい色で目立つ。)

    🌿

    秋にベリー摘みをしながらサンザシやドックローズの実を摘んでおいたので。
    リースにできないかしらと、台にする枝を探し。
    マルシェを歩いていたらこの時期毎年来るリースのおじさん。
    生の樅のリース台座もあったものの。この一本の枝が妙に魅力的。



    「スェードのサパンブルーですよ、色や枝振りが美しい樅だ。」
    「スウェーデン?インポート?」
    「そう、空輸。フランスには、こんなに美しい樅の枝はないからね、、、。」
    そういってさも大事そうに(ネコを撫でるように)枝をなでてみせられ。
    「いい香りがするかしらね?」
    「香りかぁ。そうだな、、15°C 以上にならないと香らないとおもいますけれどね。」
    〜そしてそれは本当だった〜

    スウェーデンからの木の精がついていそうだし、
    クリスマスの起源のスカンディナヴィアのほうから来た枝。

    🌿


    「呼びましたか?」Tomte トムテ

    北欧の民間伝承に登場する赤い帽子の小さな妖精。農家の守護神という 。
    またの名をNisse ニッセ(ノルウェー、デンマーク、フランス語 )
    Yule ユールにはトムテに「お粥」をあげる習わし。

    (後にキリスト教、アメリカの影響でトムテがサンタの服をきて贈り物をくれるという。スウェーデン版のサンタ)




    そして青い樅は、ノルマンディーの木々の中で見つけたもので飾りました。



    秋にあつめた、サンザシの実、ドッグローズの実、柊、、、



    足りなかったのでまた歩いて最後の赤い実を採ったもの。
    日が短いので、ストンと日が落ちたあとは、ハッと気付けば木々の中の道は暗くて不安になります。
    狼が出る前に、急げ赤ずきんちゃん。籠に集めたものを落とさないように。




    🌿
    Yule ユールの起源

      ☆
    一年でもっとも長い夜の闇を照らす、光りの導きの光り。
    日没から夜明けまで灯す。

    ユールとは、
    キリスト教が統治して来る前のこと。北欧のアミニズムの頃の冬至の祝い。
    ユールのツリーは古来、屋外の樅に蝋燭だけを飾ったものだといいます。

    飾りをつけるならせいぜい「星、月、太陽」天体のシンボル程度だったそう。
    (またときに、松ぼっくりなどもあるとも)
    もっとも長い夜を境に、翌日から長くなっていく日。その「新しい太陽が帰ってくる」まで夜を照らす。
    これが北欧の新年の区切りで、最初の新しい朝日まで火を灯してお迎えしたといいます。
    またその火を灯す事で、来る季節(冬至から夏至)の幸運をもたらすとされました。

    🌿

    北欧ケルトなどでは、夏至から冬至を司る神が柊の木の王であり。
    冬至から夏至を司るのはオーク(柏)の木の王。
    柊の王は、柏の王に首をはねられて死んでしまったというお話で、
    ​柊の王を忍んでユールを祝うとも。

    この柊が、キリスト教が発生し北ヨーロッパのケルトの地域も統治され、
    冬至のユールを25日のクリスマスに改訂した時にも、
    シンボルの木としてもちこまれ。柊の王を偲んだ祝いの、名残となっているのでしょう。



     ☆
    ユールの樅のツリーの火はまた暖炉の火ともなり。冬至の夜中ともす薪を、
    事前にこのように飾っておき、特別の薪としたのでした。
    農耕の神様に、来る季節の豊穣という幸運を祈ったのでしょう。

    🌿

    この「ユールの薪」が、フランスのクリスマスケーキである、ビュッシュ•ド•ノエルの形。
    直訳「ノエルの薪」 
    だからビュッシュの上にはサンタはいない。
    柊やきのこや小人の妖精でしょう。
    キリスト教以前の形を保っています。


    ビュッシュ•ド•ノエル

    ユールに新しい太陽が来た祝いでケーキを食べた由来でしょう、
    イヴ(前夜)にはけっして食べない。クリスマスケーキ。
    こちらの家族の集いでも0時を過ぎる前に食べる事はなく。
    " Joyeux Noël "も深夜0時のあとに言う。
    かつては冬至が年の区切りだった、「あけましておめでとう」のように。
    ノエル(誕生)ではなく、ユールの祝いの言葉があったはずです。

    🌿

    松ぼっくりは飾りであるだけではなく、いまでもヨーロッパではそうですが、
    自然の暖炉の着火剤です。松の精油はよく燃えますので、秋に集めて暖炉の回りに置いて乾かしてあります。
    またうっかり薪を絶やしそうになって火が小さい時に、松ぼっくりをいくつか投げ入れます。
    パチパチとよくもえます。薪に松ぼっくりの飾りはとても機能的な飾りです。


     ☆
    この薪が、暖炉がない家の、ユールに一晩中灯す燭台になった形
    蝋燭は赤い色をつかうのが伝統でした。
    4本はスカンジナヴィアやドイツ。今でも伝統の家は。

    🌿
    12時間灯す火は
    "Rebirth of the light" 光りの生まれ変わり(長くなる日)の象徴でした。


    冬至は22日。21日が冬至の祝いの夜。



    先日みつけたきのこ。寒いのに未だあります。




    緑の道の秋



    そういえばお前も、、サンタに変装した小トムテっぽい。と眺めた義理の妹の家のドア 

















    さあ、これから一歩一歩日が長くなり春に向います。
    来る季節の豊作と天災のないことを祈って。

    ☆印はインターネットより

    五旬節と言霊。

    0
       今日はカトリックの祝日の月曜日でした。

       午前中は教会の鐘の音がずっと鳴り響いており。もう麻痺していたので。
       
      正午頃、鐘が鳴り止んでから静けさにはっとし、鐘が鳴っていたのだと気づく程。

       その後も「鐘の音が止んでいる、、」と「鐘の不在感」を何度も意識するので、相当の長さ鳴っていたに違いなく。静かな冬とは大違い。あるいは鐘の音の震動の名残りまで感じていました。

      周囲一体がブーーーンというような一定の震動のなかにいる感覚。

      音も大気を浄化しますから。教会の鐘のよく響き鳴る街(地区)は、私の目には宙が澄んで見えますからそれにはあやかっています。











       近年では、寝ている子が起きるのでお寺の鐘に母親から苦情がくるとか。鐘の音を聞いていれば、気持ちはわかります(こちらはミサの始まりの招集と、おしまいに、30分以上45分位鳴り続けます。最後は麻痺して一体化して聴こえていません)。が、、実際苦情を本当に出して、鐘を止めさせてしまうのにはちょっと、、、。如何なものでしょう?
       ダライラマも、もう後世のダライラマをつくらない、自分の代で終わりにする、と宣言しました。観察眼をもって周囲を広く見抜いての事でしょう。象徴的です。宗教家というより、とても知的な賢者のようなお方であるとおもいます。こういうことは大事なこととして、それを深く考えてみると良い事のような気がします。あらゆる仏教国の学校でも。老若男女。そしてとくに、新興宗教を起こすような、宗教法人の方々。対照的な行為ですから。



      ダライラマの本(言葉、説法、アドバイス)は、日本語よりはるかにフランス語のほうが書籍になっていますが、彼のおつきの素晴らしい通訳翻訳をされる僧侶が、仏蘭西人だからでしょう。良い本、名訳です。よい読書になります。有名な方ですが、、ここに来たときにもいらっしゃったので、近くでみています。



       

      さて、その後は雀がチュンチュン、山鳩がないて、平和。。。
      かもめは音に参ったのか、全員不在。

      蜜蜂の羽音も聴こえます。。平和の象徴の音です。
      網戸はありませんから、入退室自由。
      ラベンダーのつぼみ、伸びて膨らむ。
       


                          

       
      五旬節
       
      ペンテコストというのでしょうか。あるいはペンテコステ。
      (仏蘭西語ではポントコット)
      日本語は外来語が混ざり過ぎてややこしいですが。





      基本、ルーツに戻ります。
      ギリシャ語では五がペンデ。
      ベンティコスティ (πεντηκοστή) で五十番目の。
      ペンティコスティ イメーラ(ημέρα)で五十日目。
      復活祭後の五十日目(に一番近い月曜日)の祝日だから、
      ペンティコスティ イメーラ(五十日目)という。

      ペンティコスティ イメーラ  (πεντηκοστή ημέρα)
      (なるほど、すっきり)

      英語ではさっぱり意味がわかりませんから。
       

      五旬節が正しい訳。
      旬とは十日を意味し、
      五つの十日で五十日。





      知性なき宗教は害。
      とはいえ知性が高過ぎると、もはや宗教とは馬があわない。



      信仰(個)

      宗教(集団、組織)
      教会(バラバラな多勢を統率する)


      五旬節は「教会」の誕生起源でもあるようです。
      五旬節の話はここまで。


      国際結婚の子供や三代目なと、海外へ出て行った日本人の言動の中で、
      さまざまなテーマに問題意識をもって活発に論じるのは
      一番はドイツのような気がし、フランスなども追って似ています。
      日本人同士、言動を理解しあえる一致感があります。

      独仏の民主主義らしい国の若者の市民においては、
      アテーという無神論者が非常に多い。
      自分の頭で考え、周囲と話し合い答えを出してゆくという
      民主主義らしい行為そのものは、
      教会や宗教団体の統率とは根本的に対極的ですから自然でもあり。


      禅も、本当の仏教の教えの深淵そのものは、本来無神論だとおもいます。
      故にこれらの国で支持され、進んだ「思想」とも思われているわけです。が、
      それが現仏教国の社会や大多数のあり方の実際とは大分イメージが違う落差には、疑問の沈黙のようです。



      言語と言霊


      豊かな言語は、意味が通じています。
      大抵、古い言語です。

      フランス人やアメリカ人、イギリス人他、敬虔なクリスチャンではない人がペンテコストやポントコットときいても、
      「え〜と、なんの日だったっけ?」他の祝日の意味と混ざってややこしそうです。

      根っこ(語源)から遠いとは、そういうことになり。
      日本人が片仮名で外来語を話すときも同様。
      日本人がただ英語だけ学んでも、同じことかと。

       


      修理しました。下は自分で作ったもの。
      なんの計画もなく行き当たりばったり、自然にでてきた結果的な意匠。


       

      ペンテコステというなら、
      ギリシャ語までわかって五十日目と感じとりましょう。
      精神衛生上。

      ラテンやギリシャ語など起源(古典)をわからずに、英語だけで話している日本の人は、
      何十年つかっても、借り物に感じるのではないかと想像します。

      私にはそのように表面的に外国語で暮らすことは無理です。
      根が無いものは空虚です。
      安全な食物を選び、健康的に料理し暮らす事に似ています。
      精神の健康の為。



          退院した叔父へ

       


      ギリシャ人は
      「五十日目」といっているわけですから「今日はペンテコステだ」という音ではなく、
      「今日は(復活祭から)五十日目の日だね」と言っている(聴こえてくる)ことになります。
      誰もが意味がわかってつかっています。
       
      同じように、夏至を「一番短い夜」と呼び、冬至を「一番長い夜」とギリシャ語でいいます。
      「最短夜」「最長夜」という所でしょうか。
       
      だから「今日は夏至ですね」ではなくて「今日は一番短い夜の日だね。」と聴こえるのです。
      「今日は一番短い夜の日だね。」「ああ、そうだね、今日は一番短い夜の日だね。」
      「今日は一番長い夜ですね。」「ああそうね、今日はもう一番長い夜だね。」
      とまあ、こんな風に家の玄関口や、路地やカフェニオの会話が耳に入る。
      かわいらしいとも。
       
      さて、日本でこれに当たるのは、中国語の漢字とか、日本語の一部です。
      外来語ではありません。
       
        
       
      外国語の話ではなく。
      宗教の話でもありません。

      言葉を話すときに、きちんと認知できる言語(語幹)を選び、
      音や言葉に意識を乗せましょう。

      行動するときに意味を把握しましょう。
      右へ足をだすなら、右へ行くと意識していることです。

      言葉や行為と意識を、一致させます。
      これはほぼ、日本国の都会ような現代人へのセラピーになるはずです。



      言語が多数の外来語自由に混ぜ混ぜの国は、
      信仰も精神も、
      食べ物も、
      衣服も、
      季節のイベントも、
      なにもかも、
      ごちゃごちゃに混ざってます。
      混ぜ混ぜのミキサーです。
      おまけに宗教も経済も混ぜ。
      経済優先主義はそんなものです。
      経済が最優先なのですからネ。。

      それは、悲しいけれども、貧困なのです。
      貧しいのです。
      アジアの状況です。従順に従ってばかりいる。
      反逆者となれないと、身を滅ぼします。






      日本からの葉書や手紙や電話によく、
      非常に頻繁に(男性陣年配、サラリーマン、株をする男女)
      「経済」「ヨーロッパ経済は大丈夫なんですか。酷いですね。」
      という話が一筆入ることが多くて驚かされます。
      そして経済のふるわない国々を見下すように話すのが気になります(ギリシャなど)。
      尺度が経済や株価である感じで。
      ヒューマン(人間)優先とは逆です。

      同じような感覚で、人権や環境問題をもっと話すのが欧州人ですので。
      ちょっと新鮮ですね。環太平洋的商業人的です。

      かつて世界は王者が不当に世を支配しましたが、
      いまでは商人がそれにとってかわっていますから。

      でも。

      人権はいかがでしょうか?
      環境は大丈夫ですか?
      女性の権利は守られていますか?
      がんばろうアジア

      そして女性や少女、子供を救い守りましょう。





      ネパールの未婚女性の地位。人(個)よりも、村や一族、家の面子。
      https://www.youtube.com/watch?v=wk86oUsT8Yo

      インドの聖なる性奴隷とカースト
      https://www.youtube.com/watch?v=GYF7IGnzqs4

      水質汚染が酷すぎ、発火してるインドの湖(フランスのニュース)
      http://www.linfo.re/monde/asie/669850-inde-un-lac-en-feu-a-cause-de-la-pollution









      退院した叔父へ。市販のカードはアメリカナイズしすぎて喜ばれないだろうと、
      アンティックブティックの店頭に目に入った古いカードでグリーティングカードを。
      1970年に、北東仏蘭西Bollée から巴里へ旅に来た女性が地元の女性の友人に宛てたもの。
      昔は普通の人も、誰もがこういう美しい文字(カリグラフィ)だったそう。

      そして五月のノルマンディーの花の押し花。野性のわすれな草が入ったので、ウィルヘルム•アレント(上田敏訳)の
      詩「わすれなぐさ」と、
      忘れな草の名の由来(恋人の為にこの花を川岸で摘み、ライン川に落ちたドイツの騎士の物語)を添えました。


      わすれなぐさ 

      ながれのきしのひともとは
      みそらのいろのみづあさぎ
      なみ、ことごとく、くちづけし
      はた、ことごとく、わすれゆく。


       

      復活祭と。

      0
         
        「え?なにが満開ですって?」 by イースターのうさぎ 

         日本では全国的に桜が満開のようです。
         こちらはパック(Pâques)復活祭、イースター。春分のあとの最初の満月の週末ということで、日曜日がパック、明日月曜日がLundi de Paques 。そんなわけで今は聖週間の週末で復活祭まっただ中。東方教会は一週間後。

         やはり東方のほうがきちんと儀式や美しい祭壇や赤たまご(これ基本)がありますけれど。フランスの方はチョコ卵や、あとは綺麗なジュエリー系やインテリアになる卵は常にあり、こんな
        七宝の星の王子様卵などこんな時期はふと目に入りましたが。こういう高価でアートな卵コレクションを日頃からしているマダムもいらっしゃいます。よくある、クリスマスツリーの飾り玉集めと一緒ですね。一つずつ、ゆっくり。。楽しみに。

         
         肌寒くてお天気は悪いのですがヒトデ(人出)は凄い。皆さんシャンパンと共に、ヒトデ(海星)の好きな魚介を食べていますから、、まさに復活祭のヒトデです(失礼。フランス人は言葉あそびを表現によくつかいますから)。

         、、、人の波は、確かにヒトデの漂着によく似ている気がします。ある朝突然、沢山の人が来ていてあっと驚かされ、一斉に席が埋め尽くされ、足の踏み場もない(席がない)。ところがある夕暮れに、あまりに一斉に街に誰もいなくなっていて別世界になるようすは、潮の満ち干そのもの。。。 昨日の朝、先に街に出たエリックが戻るなり「オーララ!もの凄い人出だった!」というので「本当?そんなに?どれどれ、私もヒトデを見に行って来ようかな。。」

        、、、桜(お花見)のヒトデも、似たようなものでは、、、、

         
        花は天体のリズムとともに、その影響の中に咲きます。人も天体のリズムとともに流れているのですね。。。



         

        ノルマンディーの70年代の子供時代には、やはり緑のお庭で、お父さんやお母さんが隠したたまごさがしもしたそうです。こういうお洋服とお靴の時代。→












         


         桜は、こちらでも車を走らせたり電車に乗ると、思いのほか見かけるのですが。たまに並木になっていたり山桜のように見えたり。街中の公園にあったり(桜はノルマンディーの家の庭木の伝統的シンボルです。一年を通して楽しい家族の行事ができるのでしょう)山桜のように見えるのは、アーモンドの木(アマンディエール)などいろいろと混ざっているのでしょう。「どちらでもいい」のです、区別がつかないので(笑)
        あ〜桜が咲いてる、綺麗だなあ〜と眺め。今年はなんとなく、写真をとるという行為に至りませんが。。ただ、しみじみ眺めるもよきものです。


                      
                                                                                                                           枝垂桜 Normandie

                   
        これは去年か、一昨年にとったもの。一本あるだけですが、上手にとってみました。古くからの温泉地のホテルの広大な敷地内。調度満開ということは珍しいし、霧深い朝に散歩できて見つけたことも一つの運。用意の悪い私のカメラの充電やメモリーが残っていた事も。ここまで背景になにも混ざらず美しい緑であることも珍しいし。こういう一枚を撮るのに納得するまでかなりとっていますから、一枚も数十枚。一度できればよきかな。         


        フランスでは桜の花の時期は結構長いのです、結構後々「まだ咲いてるんだ、、」「いつまで咲くんだろう、、」なんて思ったり。あせらない、あせらない。嵐がきてもしっかりついてます。儚さがないので、視覚的にはさておき。。。多くは実を結びますから、たまりません。あとはサクランボのジャムやジュレ(軽いゼリー)がもらえたり、サクランボのタルトやサクランボの砂糖漬け(義理の妹の家の、庭木のサクランボの砂糖漬けが美味)サクランボの、、、が出回る季節を待つばかり。葉桜の頃になると「早くサクランボになあれ」と見上げます。そして夏には、わあ、、いいなあ、、大きいなあ、、と、よその大きな庭の見事なサクランボを見上げて歩いています。スイスの夏でも大きな見事なサクランボがあちこちプラプラしているので。友人と山のほうへゆき、サクランボを摘んで食べる、ということを初めてしたのはスイスだったかと。。


         視覚的な話。日本の老木のソメイヨシノの優麗なる美しさは、右に出るものがいないのでしょう。あちこちの国で桜を見ましたが、日本の桜は確かに妖しい美しさがあり、量的(本数的)にも圧巻です。いくつかの木はかなりHaunted(な魅力)だとおもいます。ミディアムは結構、感じすぎるのでは。なぜ全国あんなに沢山植えられているのだろう?凄い量だ、、と思えば、国花なのですね。今頃気づいた私です。日頃、花など大して惹かれない、興味ない、という人の心もがっちり掴んでしまう日本の桜の魅力は、女性に例えるならばさしずめ、ミソジンキラーとでもいいましょうか(ミソジン 女性嫌いの男性のこと)。一週間の出会いで一年惹き付けている女ですね。。


                       
         
         
        とはいえ、、、あれだけある日本の桜が、すべて実を結んだらと一寸想像してみてください。それはもう、さくらんぼの嵐。楽しくてバラ色になりそう、、いえ、楽しみがまた一つ増えそうです。和菓子もタルトも、クレープも、クラフティも、ゼリーも、果実酒も、一年分のジャムもつくれます。ここのように庭木にあれば、家族行事の楽しい収穫祭もあるでしょう。フランスの桜は胃袋でハートをがっちり掴んできますので、日本の桜の写真の数々をみてあらぬことを想像し、考えてしまっている近年の私です。
        失礼いたしました。
         




                     


         
         最近はすこし温度が下がっていて一日中8度ですけれど。七月と7〜8度の違いですから、至って順調です。
         通りを過ぎ去る声はノルマンフランス語だけではなくなり。英語やドイツ語、なんだかわからない語も。駅前のカフェでは、前にイタリア語、横に中国語、斜め向こうに英語で、フランス語は後ろから。これが「シーズン本番がそろそろがきた。」とおもわせてくれるもの。 私も偶然の隣の席の方と毎回よく言葉を交わすことを楽しみにしています。でもパリからの中国人夫婦と私日本人がフランス語で話しているのは、結構滑稽かもしれません。



                               
        術後十年の検診について行った話を書いて、イースターだったために(桜と)前置きをしたはずが、、、長過ぎておしゃべりになってしまいました。書き出すとBavarde (おしゃべり)です。次のページに、、分けて投稿します。
                      
                      

        おまけ)                                                
         



           21.03.2015 大潮の日。
        こんなに水に埋もれる桟橋は見た事がありませんでした。が、街が浸水することはありませんでした。パリから見に来た友人が、浸水しないのでなんだ大した事ないナと、ガッカリしていましたが、酷い。
        三月末から四月への日々は、風がつよめで波も荒かったので。なにかと不安定な三月が終わってくれて、家族も元気で少しホッとしています。

         

        | 1/8PAGES | >>

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>

        France

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 簡易オイルランプの作り方。五分でつくれる明かり。ーロウソクのない時にー
          naomi (03/14)
        • 簡易オイルランプの作り方。五分でつくれる明かり。ーロウソクのない時にー
          ぎん (02/23)
        • ヨウ素(Iodine) ヨウ素剤について 雑記
          fanayuko (11/04)
        • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
          caen (09/21)
        • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
          fana yuko (09/09)
        • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
          caen (09/05)
        • アイリーン キャディ (フォンドホーン創設者)の言葉
          fana yuko (06/20)
        • アイリーン キャディ (フォンドホーン創設者)の言葉
          takako (06/20)
        • いろいろな道の選び方。 職業仕事、進路。
          ファナ yuko (06/17)
        • いろいろな道の選び方。 職業仕事、進路。
          takako (06/16)

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM