珈琲文化(国別 スターバックス浸透度)

0

    今回スターバックスコーヒーの撤退に成功し、国内•地元の珈琲文化や個人店を支える賢い姿勢を貫いたというオーストラリアは、
    一体国内に何軒くらいの店舗を持っていたのだろう....?

       デュポン(サロンドテ チェーンの紅茶屋)エスプレッソも出す。
     
    検索してみると(以下の2009年データで)
    オーストラリア国内のスターバックスは、わずか23店舗。

    日本は、772店舗。約33倍。

    各店舗が利益からどれほどを、米スターバックスに納めるのか。
    2009年で、世界に16,875店舗だとか。
    ざっと想像、この772店舗がなかったら?どれほどの個人の茶店やお茶屋さんが生き残ったろう?

    オーストラリアは、賢い。
    京都や鎌倉を抜きにして、なぜ日本にはあんなにもお茶屋や甘味どころが少ないのか。
    そしてスターバックスが多いのか。

     
    Global: 16,875 shops (2009) 
    2009年の国別スタバ店舗数
     
    US 11575
    UK 727
    Japan 722 
    Canada 400
    South Korea 281
    China 250
    Mexico 259
    Taiwan 225
    etc..
     
    Phillippines 156
    Germany 147
    Thailand 137
    Malaysia 121 
    Turkey 120
    Spain 79
    HongKong 77
    Greece 74
    Indonesia 72
    etc..

    〜50店舗以下〜
    France 48
    Switzerland 45
    Ireland 29
    Australia 23 
    Czech 9
    Denkark, Belgium, Bulgaria 2
    Netherlands, Portugal, Poland 3
     
     Italy, Sweden, Finland, Island etc… 0 

     
    これに限らず、モンサント導入する、しない、やいろいろな国別の表(統計データ)を見ていると、
    意識やパターン、傾向、いつもの顔ぶれ、などが見えてくる。
     
    けっしてどれも同一というわけではないものの、データには統一性がある。
    この国はいつも意識が高いなあ、など思うことは多々ある。逆もしかり。
     
    少し前に、スターバックスはモンサント系ではないか、という話をSNSでした事があるけれども。
    上のデータの下部、モンサントを受け入れない国々は、スターバックスを受け入れていないことがわかる。
    ノルマンディーではなかなか見ない。かなり大きな街に一軒くらいだろう。


    在日と在米の人のSNS投稿に、妙にスタバ投稿が多いと思ったのも、これで頷ける。

    あのようなプラスチック容器で珈琲を飲んだのはいつだろう?
    多分、前回の帰国時だと思う。
    たまにのむと、プラスチック臭いとおもうもので、美味しいとはなかなか思えない。慣れが必要なのだ。
    熱で溶け込んで要るんではないのか?など気になってしまったり。


    ここでは、プラカップは見ない。
    飲み物は、ガラスや瀬戸物に入っているもので、それに慣れてしまっている。




    フランスやヨーロッパの珈琲はわりと美味しいので、ギリシャのあとで、

    オーストラリアの珈琲がわりと不味い事が多かったイメージがあるけれども(日記にまずいまずい〜と書いてある、笑)
    スタバで飲むと味以前に、微妙にお腹がチクチク痛む私。(香料、添加物?)

    京都ではサイフォンで入れてくれたところがあった。
    マスターといい感じの会話ができたのは先斗町の突き当たりの吉田屋だったか。
    母や父や家族でいった珈琲屋さんは、珈琲カップを選べたりして、美味しくて、いい雰囲気でいい人々。
    なかなか贅沢なところへも連れて行ってもらった。。素敵なお花が活けてあり、珈琲一杯に千円の贅沢もたまには。
    そういう風に育ててもらって、スタバで喜んでいたら恩知らず、かなり残念な子になってしまう。笑
    大切にされ、経験で教えてもらった事は、そうそうあっさり投げてはいけないよ。
    価値をわかっていなければならない。

    時代が変わっても。

    他人?仲間が?
    その人々はちゃんと愛を知っているのかな、、愛を受けとったのかな、、、?


    貴方を大事にして大切にしてくれた身内、親、その気持ち、愛情は、百倍大切なものです。


             ☆


    上の表で、下部の国はこれが普通、あるべき姿だとおもっており、上部国々との違いもしっかり知っているし、上部の顔ぶれも知っている。
    熟考して流れに反発してこうなっているので、当たり前かもしれない。


    上部の国々はそれは当たり前とおもっており、あまり考えずに流れているだけ。なので、下部の存在や、その差の事は知らないことが多い。


    全体が見えているのは下部の国々の国民のほう。


    特に、日米を往復して双方に住んでいる人が「世界は」と論じるとき、それはアメリカと日本、環太平洋のアメリカの属国のようになっている国のことしか語っていない事が多いと、常々感じることがある気がする昨今です。

     

    選挙。原発の是非、核の廃棄物処理場も含め(フィンランド、オンカロのことなど) 

    0
      日本のネット上では、選挙へ向けて、原発エネルギーの是非の論争が高まっているようです。。(反対派と呼ばれる方でのみかしら)。 一方で、それ(原発の危険性、有用性)とは別の問題、核廃棄物の処理場までを考える意識はまだまだ感じない気がします。
      このブログで2011年の春にすこしふれたオンカロのことを今夜、自分で復習しましたのでつれづれに。。記録。

      核のゴミ最終処分場 フィンランド 隠された場所で10万年保存?
      http://www.youtube.com/watch?v=-zuOknFvihg

      フィンランドでは「地下420m」の固い岩盤(過去19億年、安全だった岩盤)に建設中のオンカロ(核のゴミの最終処分場、直訳で隠された場所を意味する)に使用済み燃料棒を埋めるという選択肢がとられています。

      まず5m程の長さの燃料棒を鋳鉄製の筒の中に入れ、さらに5センチ厚の銅製(腐食に強いから、だそう)の筒に入れて、地下岩盤中央の空洞4〜500mにストックする。

      核のゴミは10万年間経たないとその危険性が無くならないそうですが、この岩盤はその「10万年」の「1900倍」の期間(19億年)を今まで耐えている岩盤ということで、考えうる最善としてフィンランド政府が選んだ場所と解決方法です。

      工事作業の人は自分が死んだ後もまだまだ続く工事で、10万年を耐久させる為の壮大な処理計画だ、と語り、今日も地下400メートルで作業を続けています。そう、多くの日本人が自分の会社の維持、自分のビジネスの為、自分の家族、自分の物質的な問題、などで原発推進派をしかたないじゃないか、と支持し、10万年の人類やあらゆる地球上の生命の運命を自分の人生の都合で決めようとしたりする中で。

      あるいは逆に、人類滅亡とかアセンションとか、マヤの予言とか、ニビル惑星が来るとか、もうそんなことを言っている場合ではないとか、宇宙船が救済にくるとか、超能力獲得とか、わくわくしてポジティブでいれば無事だとか、いろいろいっているなかで、黙々と責任を取る行為をしています。

      同じ、間違いもあれば完全な事はできない人間でも、大人と乳児ほど行動も責任意識も違う、と感じます。
      余談ですが、日本でスピリチュアル〜リーダーとか、ヒーローの外国人は、海外でだれもしりませんし、誰も相手にしていません。日本でものすごく知られている、ゾウのバXxーxさんも知る人は無く、その内容を知ったあるサイキックサークルも苦笑して終わり。政府や闇の世界の回し者?これを信じるの?と笑う程度。その是非はみなさん一人一人が判断していただく事ですここでは、事実情報だけ。

      10万年といえば、ネアンデルタール人といまの現代人の関係ほどだそうです。
      気の遠くなる時間。
      「2100年に一杯になったオンカロにコンクリートで蓋をした後、いかなる文字や記号でその場所に入って開けてはならないと危険を伝えるのか?もっと進化した世界に生きる人類に、どうしてこの恐ろしい物の存在が理解できるだろう?」と話す、オンカロの計画チーム。
      周囲の厳しい意見でも、過去19億年安全な岩盤だったからといって、この先その1900分の1の10万年が安全という保証は無い、という程度。

      とても現実的で正気の範囲の問題点と論点。こういう希望や楽観性をもって着手していて八年後から埋蔵できるのはいい事とおもいますね。

      こういう計画や行為や最低限の知性と責任感があって初めて、原発エネルギーを続けるかどうかの是非を問える権利が出るのでしょう。


      私はどんなことでも、なにか大変な事になり、自分の心が大きく揺れたり、不安に襲われて体調にも響きそうな時、唯一の方法は自分の理性に戻り、他の存在を含めて物事をもっと広い範囲と、もっと歴史的にも未来にも遠い深さで、鳥瞰する事だけだと感じざるをえません、最終的に。
      そして、今どうするか、ではなく、なぜこうなったのか、を考える。他者ではなく、自分のレベルで考える。その他者を選んで、なにもないときにはそれで良しとしてきた自分に責任がある、という意味において、自分の行動に責任をとる、という感覚を取り戻すことだけが、本当に安定をもたらしてくれると感じます。
      自分という我の存在が小さくなる事は、事実、恐怖を鎮め楽になる唯一の方法と思え、またそこに生まれたゆとりでしっかりと対処しようと考えられるとおもいます。
      冷静(論理的、ロジック)な国、感情的な国、というふうにわければ、私も含め日本人は感情が強い人々です。
      それは、ニュース記事を読んでいても、理論的ではない、ニュートラルではないと感じます。
      ニュースがより冷静な情報で、理性的にかかれていれば、それに刺激されて論理的に受け止め考えられます。私はフランスのニュースを読むほうが、心が安定します。どうも日本のニュースは、知性や必要な情報に欠け、伝える側のの意見や感情が入り、感情を刺激してきます。
      感情が強く動くと、理性や知性が妨害されてしまいます。それは、盲目的な苦しみに繋がります。


      原発維持派も、アセンション(この意味がわからない人は安心してスキップしてください)が大事派も、遠くから見れば同じ、冷静さと客観性に欠けた、根本に終末に対しての不安のある存在、自己の救いを求める自己のある意識に見えます。でも、自分の救いなんでどうでもよくなれば(責任感が戻る時)、少なくとも心にはもっと平安が来るでしょう。そしてスウェーデンのようにコツコツと、このような不安定な時代にも、計画を遂行できるのでしょう。

      私は根本で、本当に世界はここで変化し、飛躍し開けるとおもい、感じています。が、
      これからもいろいろな惨事が起こるのも感じます。それはいまとなってもまだ変わらない、成長や健康維持のために(自分レベルも地球レベルも同じ事)、大きなサインがないと気づけない人がいるからだとおもいます。
      スピリチュアルでありながら、高い知性と、冷静で論理的に考えられる人が沢山必要。ひとりでじっと座って沈思する事程、効果的な方法はないとおもいます。


      フィンランド オンカロを題材にしたドキュメンタリー映画 ( 邦題「100000年後の安全」 予告編)は、ヨーロッパでは数々の賞を取って話題になり、良く知られた映画だそうです。

      元スイス大使、村田光平氏の言葉

      0
        関連リンクをこちらに保存、ご紹介しておきたいとおもいます。
        将来を担う若い世代と、未来の子供達を守り育てる大切な役割をしている母親とのシェアです。


        村田光平氏 オフィシャルサイト
        http://kurionet.web.fc2.com/murata.html



        3月22日、参院予算委員会の公聴会 公述と質疑 
        http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1198.html
        公述人 
        地球システム倫理学会 常任理事
        元駐スイス大使 
        村田浩平氏









        | 1/3PAGES | >>

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << March 2017 >>

        France

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 簡易オイルランプの作り方。五分でつくれる明かり。ーロウソクのない時にー
          naomi (03/14)
        • 簡易オイルランプの作り方。五分でつくれる明かり。ーロウソクのない時にー
          ぎん (02/23)
        • ヨウ素(Iodine) ヨウ素剤について 雑記
          fanayuko (11/04)
        • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
          caen (09/21)
        • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
          fana yuko (09/09)
        • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
          caen (09/05)
        • アイリーン キャディ (フォンドホーン創設者)の言葉
          fana yuko (06/20)
        • アイリーン キャディ (フォンドホーン創設者)の言葉
          takako (06/20)
        • いろいろな道の選び方。 職業仕事、進路。
          ファナ yuko (06/17)
        • いろいろな道の選び方。 職業仕事、進路。
          takako (06/16)

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM