西洋菩提樹 (催眠、安眠のお茶)

0
                                               L) Tilia europaea 西洋菩提樹 


     
    教会の裏の通りの木。
    そんなに大きな木でもなく、小さくもなく、特別な木でもない。
    目立つ花が咲く訳でもない。
    一本の木。
    そんなに気にかけずも、坂の途中でちょっと木の下で足を止めたり。


    🌿

     
    冬は丸坊主で、枝に雪が積もり雨のしずくが滴っている。
    青空や、教会のとんがり屋根が、枝の間からよく見える。
     
    立春の頃には、その枝に蕾が日々膨らむのを、春を待ちわびる心で見上げ。
     
    そして今、気温は涼しいまま日差しが強くなる頃には、檸檬ライム色の薄い若葉が光りを通して鮮やか。
    毎年あっと言う間に豊かに葉を茂らせて、黄緑色の爽やかな光りを四方に撒く。美味しそうなサラダのよう。
     
    真夏は濃い緑の葉に深い影を落とし、その下に涼み風に吹かれる。

    坂の途中の、一休みの場所。





     
    西洋菩提樹のお花の写真 (インターネットから)

    今の季節
    ライム色の瑞々しい柔らかい葉は、サラダに。

    お花は、フルーツサラダに。

    夏になって濃い色で厚くなった葉は、
    古くは乾かして石臼(薬草用)で挽いて粉にし、穀類の粉にいれて穀物の粥などにいれる。古代では滋養になる大事な食べ物(水がゆ、粥)でした。



           









     
    そして、秋もまだ陽の長い頃の斜陽には黄金色に葉を染めて、朝は高い青い空に明るい檸檬色が良く映え、、
    やがて惜しげもなくハラハラと落葉し、私はカサコソと音を立ててその中をあるく。
     
    渦巻く木枯らしに最後の枯れ葉がクルクルと舞い立ち、よるべなく彷徨い消えてはフッと現れる様子は、
    何者がいるか妖精の仕業かと、風のダンスに気を取られる。
    また長い、朝の暗い、雨期の冬がくるとおもいつつ。
     
    やがてよく踏まれた葉が石臼で挽いたように粉となり。いつしか風にのって飛び去ると
    街が華やぎだし、ノエルも近い。

    西洋菩提樹の回りでの一年、何度繰り返したでしょう。。。
    ノルマンディーにきてからずっと傍にいつもある木です。



    🌿





    ラテン名 Tilia europaea ティリア•エウロペイア
    西洋菩提樹 セイヨウシナノキ 


    🌿




    フランス語でティヨル(ティユール Tilleuil)という西洋菩提樹は、
    日本に居た頃ハーバルティー(ハーブティー)としてはたしかリンデンと呼ばれていました。

    それはドイツ語のリンデンバウムから来ているそうですが。
    バウム(木)、リンデンの木。(バウムクーヘンばかり思い浮かべてしまいますが)
    シューベルトの「菩提樹」は原題「リンデンバウム Der Lindenbaum」でこの菩提樹だとか。

    ここでは古くから眠りを誘う、夜に頂く優しいお茶(フランス語でティザン)として知られています。
    土地の人は蜂蜜を入れて飲むのですが。
    インドなど東洋の菩提樹は、漢方薬になっているのでしょうか。きっと。

     
    東洋の感覚では、ジャスミンティーのような花茶が、神経を休ませ、眠りを誘うお茶にあたるでしょう。
    ジャスミンも菩提樹もそれぞれのクセがあるかもしれませんが、
    ジャスミンが好きではない方で、そういう効果をお探しの方にはよいかも。。

    私の実家にはいつも中国の知人や生徒さんや先生から贈られたというジャスミン茶があり、とても美味でした。
    母が中国語を習ったり教えたりしているお陰で。母は(マーリー)ホアチャと中国語で呼びました。
    いまは私はもっぱら、ティヨルです。



     
    🌿


    西洋菩提樹 の効果
     
    軽い鎮静効果。軽い発汗利尿効果。
    苛立ちや興奮を和らげ、
    寝付きを良くし、
    安眠へさそう。
    高ぶる神経や心配による疲労に。
    小さなことに過敏反応してしまう時に。

    近年では(とくに子供の)流感にもよいという症例も多く。

    (流感には15から30グラムほどを15分しっかり抽出させ、一日2〜3杯)

    原産国では沢山あるので、ハイパーアクティビティの子供には、寝る前にお風呂にいれる用法も。
    (コップ一杯半を一リットルのお湯で濃く抽出し、浴槽へ)





     
    フランスの菩提樹祭り http://www.horizon-provence.com/buis-les-baronnies/fete-du-tilleul.htm から


     
     
    もう二週間もすれば、街に西洋菩提樹の花の薫が香る季節に。
    菩提樹の花を摘む時期が、また来たのだナーと、さまざまな思いで花の蕾を見上げています。
     
    ティヨルを摘んで乾燥させ、ティザン(薬草茶)をつくった記事を書いた頃も思い出しました。

    http://jp-blog.crossroad-yuko.com/?day=20080701

    懐かしいです。

    🌿


    光陰矢の如し•••

     


    花盛りの西洋菩提樹 (インターネットから拝借)






    ティザンの語源や由来と、アポテーケ(薬草の薬局)の起源のお話はまたの機会に。。。




     



    街中で見つけた「ちいさいおうち」と大きな木










     
    リラの花(五月に満開の花)

    フランスの母の日だった昨日は暴風雨で12度
    本日快晴16度

    リラの香りが消えつつ、
    街は数日前からエルダーフラワーの花の香りがします。








     

    コクリコの妖精とデメーテール

    0


         Coquelicot (コクリコ)
       ヒナゲシ 虞美人草
       Grass of Yu the Beauty.



        雨上がりのコクリコ。
       暫く冬に戻ったように寒かったけれど。
       (日中も十度をやっと超える位)

       昨日ひと時強い日が射して、教会の植え込みのヒナゲシの花が眩しかった。




       クレタにケシの花の精という古い小さな石像がある。島に住んでいた頃は赤いヒナゲシは春の野に咲き乱れ、その頃にはカモミールも、時にはチューリップも群生した。原っぱのヒナゲシを "Tête de lit" (ベッドのヘッドボード) の上によく飾っていた。青いガラスの花瓶に挿すのが一番綺麗で好きだった。

       ベッドは白だったから、思えばトリコロール。海と空の青、家々や神殿の白、ヒナゲシの赤が私の原風景的なトリコロールかもしれない。

       誰か島の女性が作った、ケシの花の赤色を採って練って小さな白い貝殻にいれたものを見つけて、大切に使っていた。古代ギリシャの口紅だ。色はたった一色、私の肌色に似合ったと思う。



                                          
                      les Coquelicots     Claude Monet



       その昔、冥界の神ハデスがデメテールの子を奪い去ったとき、デメテールはアフィオーニ (様々な種のケシの花から作った)を飲み、心の傷や感情を癒したという。時が経ちデメテールは大地に降り、荒野を潤し肥沃にする女神になった。ケシは、戦いや災害で荒れ果て痩せた荒野に最初に咲く花の一つでもある、豊穣や再生、復活の象徴。ヒナゲシの赤い色が死後の復活を約束するという古いヨーロッパの伝説もある。こちらでは赤いお花を飾ることも多い、お墓には。特に野のお墓によく見るからか。赤いヒナゲシでお墓を飾るのも永眠と再生を願っているという。

       コクリコの咲く野は印象派の画家らに愛されたけれど、そんな風にモネの絵を眺めると、コクリコの野を歩く母子がより深く多義に、切なくも豊かに美しく感じられる。私も、ハデスに奪われたのかもしれない。誰にも、そんな風に思う人がいるかもしれない。
       
          喪失の悲しみから豊穣の女神となったデメーテールを介して
          芥子と冥界の神と、死と再生•誕生、荒野から豊穣が循環する



                        

      L'étoile de mer 海星

      0
          今年のアジェンダ(暦手帳)は、昨秋に売り出しと同時に買ったもので。

         それは小さい頃に父が毎年くれた小さな手帳を彷彿とさせるもので、黄みがかった薄い紙質といい、臙脂色の小さな字体といい、薄い紙が金縁になっていて角のところに点々の切り取り線の穴がある所といい、、、、70年代風懐古趣味の「懐かしき手帳」なるもの。

           でも、パリの事件に始まり31日の夜も夜、最後まで残酷で暴力的なテロに終わった一月(日本で2月1日朝はこちらで31日夜)。

        1月31日のページの角を切ったときには、机に散ったその切れ端の三角を眺めながら、とても切なくなりました。





         

                                                                                              海星(internetより)
         


         二月に入って静寂のひとときが訪れ、リセットする機会に恵まれました。とくに、雪がふって静かに閉ざされた銀世界の街の平安は、まさに天からの恵みでした。









        Ombra mai fu - Amira Willihagen



        写真)純白。静寂。雪に閉ざされ、物音しない朝の銀世界。音もなく立ち上る暖炉の煙も白い。つかの間の魂の休息。

         

         
        Ombra mai fu (樹木の影で)

        Ombra mai fù di vegetabile,
        cara ed amabile,soave più

        レチタティーヴォ)
        私の愛するプラタナスの柔らかく美しい葉よ

        運命はお前たちの上に輝いている
        雷鳴や稲妻や嵐が
        決してお前たちの平和を乱すことのなきよう
        貪欲な南風も、お前たちを冒涜することのなきよう

        アリア)
        樹木の蔭において

        これほどいとおしく優しく愛らしいものはなかった 





         春の足音。
        春を告げる精霊の宿るという、プリムローズも咲きました。




         日本の家族からは大きな吉報が届き。これは過去数年の日々の上に咲いた花のようで。嬉しく、ただ嬉しく。この知らせにしばし浸って感謝していたいと。

         母の小包みもまた届いて。家族らと電話で話す事は笑いの時をもらったり。今起っているいろいろなことについても、その周辺のことについても、やはり深く通じ共感も多く。ソフィアとは高く輝る明かりのようです。



         


         
        海星(ヒトデ)のお話、、、
         


         
         隣の海岸の砂浜に今月、数千のヒトデが打ち上げられました。本当におびただしい数。幅も広い浜辺に一杯沖合まで黄色いヒトデが見え、凄い事に。(写真→)http://www.lepaysdauge.fr/2015/02/09/des-milliers-d’etoiles-de-mer-sur-la-plage-de-blonville/



         写真は本日のブロンヴィルシュルメールの砂浜。。。 


        「普通ドービルのビーチは、別の " Star スター"  がレッドカーペットを埋め尽くすのだが... 今回、海の星がムール貝のカーペットを埋め尽くした。」という記事。

        「唯一のよいニュースは、これらが病原菌による大量死ではないことで、天候によるものらしい」とのこと。


        この二日まえには、アメリカのテキサス州で海星が大量が漂流し、どれも健康体で専門家を悩ませているとか、、、








         


         ちょっとオドロオドロしいですが、ヒトデで一杯の浜辺を見に行きたい気もしたのですが、、予定や天候その他でなかなか行けないまま。



         お天気になって、星形の海星を探しに今日(21日)いってみたらこの通り。綺麗さっぱり。
         立ち寄ったお店で仕入れた情報では、、、
        大潮で海が綺麗にお掃除していってくれたそう。(やはりかなり異臭を放ったそう)

         そう調度、Grand marée グランマレー(大潮)で、浜辺の一番奥まで海が溢れました。

                                         




         
        海の星、海星(人手)とかいて、ヒトデ。

        音であるヒトデは「人手」という形からきたものを当てたもの。
        確かに、海(砂浜)に人手が一杯、、、と書くとちょっと怖いことになり。
        当て字でも「海星が一杯」のほうが詩的。

         
        フランス語でも、ヒトデは日本語と一緒で、海の星という名前。
         
        フランス語で星 ☆ は、エトワル étoile

        海星は、それに冠詞をつけて l’étoile de mer レトワル•ド•メール。
        フランス語ではそのまま「海のおほしさま」(海の星)と呼ぶ感じ、長い音になる。
         


        エトワル ド メール 
        (写真はインターネット)
         

        Star fish, Seastar(英語) 
        Asterias(ギリシャ語、ほし) 
        ドイツ語でも海の星。

        実は、殆どの言語で「海の星」「星」「星魚」など呼ばれている。

        実際は、うみぼし(うみのほし)と呼ばないことのほうが珍しいのだと気づきました。日本人だけがこれを人の手と見立てて、ヒトデと呼ぶ(読む)ようす。楓の葉を、小さな人の手と見立てる日本人らしいのかも知れませんね。

         


        そんなわけで、、、、小さな平和な地元ではヒトデ事件で持ち切りでしたが、フランス語のばあい、、、
        「ブロンヴィル•シュル•メール(街の名前)のシュル•ラ•プラージュ(砂浜に)エトワル•ド•メールが沢山あがったんだって!」
        というかなりまどろっこしい感じになります。え?と聞き返されたり、複数が伝言ゲームのように喋っているとかなり面倒くさい、しつこい長さです。
         
        単純に「ブロンヴィル海岸の砂浜に幾千もの海星が居るよ。」というだけでも
        「シュルラプラージュ ドゥ ブロンヴィルシュルメール、イリヤデ ミリエ デトワルドメール」
        Sur la plage de Blonville-sur-mer, il y a des milliers d'étoiles de mer.
        ( Il y a des milliers d'étoiles de mer sur la plage de Blonville-sur-mer.)

        お口のエクササイズになります。四秒くらいで言い切れば。





         18年に一度の超大潮が来る

         実は、いまの大潮は最大限に高低差があるとき。来月のグランマレー(大潮)には、18年に一度の大きい潮汐差がくるそうです。二月の大潮もそれに殆ど近く。
         モンサンミシェル、ヴェニスなどをはじめ、18年に一度きりの珍しい美しい光景が見れるのかも。。。
         
         Venice
         実は私はVenice に18〜19年前の冬に行ったのですが。夜について最初の翌朝が、見事なグランマレーで、ホテルのドアを開けたらもうそこは海の水が波打っている!なんとかヴァポレットにのってSt.Marco 広場にいってみたら細い板が渡してあるところを人が歩いていて。でも晴天で水面がキラキラ☆☆ そこの水位は30センチくらいでしょうか、下を歩いている人の足が膝まで浸かっていたので。教会の中のヴィザンチンのモザイクタイルの床も水の底にゆらゆらゆれて、光の中で本当に美しかった(海星はいませんでした)。それもボードの上を歩いて眺め。「これがベニスか!」と感嘆し。いつもそうだと思ったら、とんでもない。翌日はカラカラで逆にびっくりしました「Oh? 今日は水はどうしたんですか?」と。
         それから合計二週間いても(厳密にはローマで母と合流してからまたヴェニスへ帰ってきた、二度)そんな水に沈んだ景色はもう見れなかったのでした。あの海と陸の境のない水の広場の光景をもう一度みたい、、、いつもそうおもってきたものですが、、、!


         

        潮汐
        潮汐の大きさはフランスではCoefficient という係数で表されます(le coefficient de marée) 
        。20から120までの数値で表されるもの。 今月の大潮は117!で、来月の大潮には119の最大限になる。満潮と引き潮の高低差はここは大きいので、この日で8.85M。私達が今回見にいったのは、ちゃんと潮のカレンダーをみて(毎日各港町で時間刻みで予報されています。)、マレーオート(満潮)の三時間後にしたので写真の通り。白いのは泡の後で水位を表していますから、三時間早かったら道路まで水が溢れていたようです。


        21日早朝の、モンサンミシェルのとなり街、サン•マロの大潮のニュース (三つ目と二つ目のビデオ)でも、現地リポーターさんが映ったとたん突然の大波がきて、彼女は波にさらわれて倒れて一瞬流されてしまい危険でした。

         来月の大潮は3月21日を中心にした前後二日。実は引力が、地殻変動の引き金にもなるという、いまから三月の大潮前後は要警戒のようです。ウィキの「潮汐」のところにも地震との関係の項目があり、2011年の3月の東北沖地震の誘発地震であった長野県北部地震は潮汐に関係するとみられる地震が全体の50%で非常に高い相関が確認されていたとありました。ニュージーランドのクジラの大量漂着も電磁波の狂いかとみられ、大地震の前触れに起ることがあるといわれています。四月の大潮には落ち着きそうですが、いまから一ヶ月どこの国でも、事なきを祈ります。


         大自然の中にささやかに住まわせてもらう私たち。そして、、、グランマレーの干潮時刻は、潮干狩りのチャンス。大自然そのものは、危険と同時に恵みを齎してくれます。海や山、自然のそばで共に同じリズムの中に生きて居る人々ほど、海や山の怖さも誰よりも知っていて、真剣に注意をしあうもの。自然は無視できないもの、いつも生活の中にあり共に生きているもの。そして、なにかあって命を落とす時にも、海や山のそばに居る人はその事はすでに了解済みで生きている気持ちになりやすい気がします。それは、人間による化学の暴走や、核戦争や戦争、人間の愚かさの犠牲となって無念にこの世を去る事とはちがう、命の営みのどこか自然な形。。。大いなる自然の中に生きている人に取っては、自然は偉大で畏れながらも同時に母でもあり、自分自身の一部でありそれは自然な回帰というもの。悲惨であるのは、そこにまつわる、人間の行いの至らなさによる惨事です。

         そういうものがわからない人は、人間の愚かさによって招かれた死もなにもかもが、頭のなかで一緒になっているような言動をするような気がします。「だけどまあ、どうせ死ぬんだから、、。」それは一種の、Poverty, 貧しさです。知性と愛の貧しさ、教養の貧しさ、経験の貧しさ、心の貧しさ。貧しいとは、それらすべてが混在している状態です。



         


        Photocredit National geographic Manu San Félix 

         海星も、ちょっとあると海のチャームですが。



         今回は調度、満潮のときに海が荒れていて、ウール houleという大波のうねりが発生してそれに海星の群れが一気にさらわれ、浜辺の奥まで押し流された。とのこと。


         本来ヒトデは潮汐の影響のあまりないところに居て、引き潮でもなかなか見られないものなのですが。漁師さんのはなしによれば、ヒトデさんはムール貝さんが大好物らしく。なんと自分の長い胃の先をムール貝の殻の中にすべりこませて(!)この時期の美味しいムール貝をチュウチュウと堪能するという、意外に獰猛な肉食のグルメなのだそう。。。
        「その欲がヒトデを牡蠣やムールの居る湾の中へ呼び込みやすく、大潮の大波に巻き込まれるという命とりになったのだろう。」という見解。

         大好物と一緒に漂着。。。浜に残されたヒトデは、もしかすると、美味しすぎるムール貝に乗り上がってしがみついた貪欲派かもしれない。山ほどの大好物と一緒に、水の外に出て苦しみつつも、最後まで美味堪能しつつ欲望を昇華しつつお亡くなりになられたのかも。(勝手な想像)

                                       
        欲が命とり•••
        人間の欲望の話の結末に、どこか似ている気がします。


                                  Nationalgeographic Michael Melford
         


        海星は、牡蠣、ムール貝、ホタテ、雲丹などを食べるグルメなのだそう。
        腕が切れれば再生してはやし、まっぷたつに切れても二匹の完全なヒトデになるそう。

        、、、イメージがすこし変わります。
        オーストラリアでは養殖牡蠣の大敵だそう。

         

         
                                 
          ブルースター、青星という海星。
          人の手というより、人という感じがします。足を踏みしめて、頑張って崖に掴まっている感じが人にそっくり。
        Blue star. Credit Richard Ling (National geographic)

         









         
        〜ブロンヴィル海岸の砂浜にあがった、幾千もの海のおほしさまのおはなしでした〜

















        おまけ)帰りに発見してのぞいてお話をしたお店。ブロンヴィルの中心の幹線道路沿い。地味な普通の家に見えるけれど、中が可愛い。いくつも部屋があり、奥の間がSalon de Thé。「あらあ、ヒトデを探しにきたの?みつかった?」「いえ。これはウニの骨。」「ヒトデも私が小さいころは浜辺にあったのに、最近はぜんぜんなくなって不思議だとおもってたら、いきなりねえ。。。」「そうそう、そうですよね、僕が小さい頃は、、。」







        浜辺はまだ風が冷たい。

         

        | 1/5PAGES | >>

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << March 2017 >>

        France

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 簡易オイルランプの作り方。五分でつくれる明かり。ーロウソクのない時にー
          naomi (03/14)
        • 簡易オイルランプの作り方。五分でつくれる明かり。ーロウソクのない時にー
          ぎん (02/23)
        • ヨウ素(Iodine) ヨウ素剤について 雑記
          fanayuko (11/04)
        • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
          caen (09/21)
        • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
          fana yuko (09/09)
        • "Positive" の本当の意味について カモメの街から
          caen (09/05)
        • アイリーン キャディ (フォンドホーン創設者)の言葉
          fana yuko (06/20)
        • アイリーン キャディ (フォンドホーン創設者)の言葉
          takako (06/20)
        • いろいろな道の選び方。 職業仕事、進路。
          ファナ yuko (06/17)
        • いろいろな道の選び方。 職業仕事、進路。
          takako (06/16)

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM